人気の老舗オンラインカジノのインターカジノをプレイ!無料プレイはこちらをクリック

世界中にあるギャラリーや個人コレクションに収まっているアート作品について、数多くの人が同意するであろう見解があります。それは、そうしたアート作品の多くが、値段をつけられないほどの価値を有しているということです。多くの作品は唯一無二の一点物であるが故に値段をつけることが困難または不可能なのです。それでも、アート作品は日常的に売買され、一般の人には手が出せないような法外な値段がつくことも珍しくありません。ここでは、最も高価なアート作品をいくつかご紹介させていだだきます。過去の巨匠による歴史的な傑作から現代の作品まで、誰しもが納得する、世界最高レベルの高価な作品とは以下のようなものです。

モナ・リザ ― レオナルド・ダ・ヴィンチ

盛期ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの作品「モナ・リザ」に非常に高い価値があることに異論を唱える人は存在しません。この次元の最高傑作に値段をつけることは不可能です。とは言え1962年、「モナ・リザ」に1億米ドルの保険がかけられていました。これは、当時の美術品に対する保険としては最高金額でした。今日の貨幣価値に換算すると、7億米ドル近くになります。すなわち、「モナ・リザ」が間違いなく最も高価な絵画ということです。フィレンツェの絹布商人の妻だったリザ・ゲラルディーニをモデルとした素晴らしい絵画である「モナ・リザ」は、当然、最も名高い絵画の1つです。

インターチェンジ ― ウィレム・デ・クーニング

2015年秋、億万長者のヘッジファンド投資家であるケン・グリフィン氏は、プロデューサーからフィルム・スタジオのCEOまで多様な肩書きを持つ実業家のデビッド・ゲフィン氏から2枚の絵画を5億米ドルで購入しました。その内の1枚がウィレム・デ・クーニングの1955年の作品である「インターチェンジ」です。

いつ結婚するの ― ポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャンがタヒチ島を初めて訪れこの島とそこに住む女性たちを愛するようになったのは1891年のことでした。ポスト印象派の絵画「いつ結婚するの (タヒチ語原題: Nafea faa ipoipo? )」はゴーギャンの1892年の作品です。その後、この作品は非常に多くの現代画家たちに影響を与えました。2人の女性がゴールド、グリーン、ブルーから成る美しい風景の中に座っている様子が描かれたこの作品には、2015年の個人間取引でおよそ3億米ドルの値段がついています。

カード遊びをする人々 ― ポール・セザンヌ

ポール・セザンヌは、1892年から1893年にかけて5枚の「カード遊びをする人々」を描きました。この連作の大半は、パリのオルセー美術館やロンドンのコートールド・ギャラリーといった世界的に有名な美術館に収蔵されています。この1作だけが2011年に密かに取引されていたことを、世界中の美術愛好家たちが知ったのは翌2012年のことでした。価格は2億5000万米ドル(現在の金額で約2億6900万ドル)という驚異的な金額です。2011年時点では、史上最も高額で売買された芸術作品ということになります。

ナンバー17A ― ジャクソン・ポロック

ケン・グリフィン氏がデビッド・ゲフィン氏から2枚の絵画を5億米ドルで購入したことは前述しました。その2枚目の絵画「ナンバー17A」は抽象表現主義のアーティストであるジャクソン・ポロックによるものです。価格は驚愕の約2億ドルでした。1948年に描かれたこの壮麗なドリップ・ペインティングの作品では、イエロー、レッド、オレンジ、ブルーなどの鮮やかな色合いの上に白と黒が散りばめられています。「インターチェンジ」同様、シカゴ美術館に展示されているこの作品は、誰でも直接見ることができます。